プロジェクター レンタル

、ビデオカメラ、デジタルカメラ (デジカメ)、交換 レンズも充実。映像機器のレンタルカメラショップのレンタルステーション!
初めてのお客様へ:簡単ナビゲーターはこちら

プロジェクターの選び方


PC及びプロジェクター操作

プロジェクター選びの重要なポイントは、明るさ・解像度・携帯性です。
重要なポイントを把握しないまま選ぶと映像が映らないなど、トラブルにもなりかねません。

数多く発売されているプロジェクターの中から利用目的にあった機材を選ぶには、重要なポイントを把握することが大切ですので、以下の内容を参考にして選びましょう。

 
 
目次
 
 

明るさ(輝度)

プロジェクターは明るい場所でも鮮明に見えるものほど良いといえます。
プロジェクターの明るさ

では、使用する場所や部屋の大きさによって、どのくらいの明るさのが必要なのか見比べてみましょう。

使用する場所 人数 明るさ(lm) 主な用途
自宅、応接室 1~5人 1,000 映画鑑賞、二次会
自宅、小会議室 10人前後 1,500 プレゼン、会議、二次会
宴会場、中会議室、教室 20~50人 2,000 プレゼン、イベント、披露宴、二次会
宴会場、中会議室、教室 50~80人 2,500 プレゼン、イベント、披露宴、二次会
大会議室、講堂 100人以上 3,000 展示会、会議、イベント、披露宴、二次会

※プロジェクターの明るさは、lm(ルーメン)という単位で表します。

※部屋の電気の明るさや窓の有無など、使用する場所の状況により差がありますので目安としてください。

見てわかる プロジェクターの投射性能の比較

使用する場所別「おすすめプロジェクター」
使用する場所 おすすめプロジェクター

自宅、応接室
プロジェクター エプソン EMP-TW20
プロジェクター エプソン EMP-S4
プロジェクター エプソン EMP-TWD10

宴会場、自宅、小会議室
プロジェクター エプソン EH-DM3
プロジェクター エプソン EH-DM30
プロジェクター サンヨー LP-XW55A
プロジェクター エプソン EMP-X5
プロジェクター エプソン EB-X6
プロジェクター カシオ スーパースリム XJ-S36

宴会場、中会議室、教室
プロジェクター エプソン EMP-1705
プロジェクター サンヨー LP-XU75
プロジェクター エプソン EMP-1715

大会議室、講堂
プロジェクター エプソン EMP-835
プロジェクター キヤノン LV-7365
プロジェクター エプソン EMP-1815

※おすすめプロジェクターは、余裕を持った明るさの機種をおすすめしております。部屋の電気の明るさや窓の有無など、使用する場所の状況により差がありますので目安としてください。

ページトップへ

解像度(画面の繊細さ)

PC(スクリーン) 解像度とは、映像や画像の"繊細さ"を表します。解像度を画素数と表現しているメーカーもありますが、同じ意味となります。

プロジェクターの解像度は、カタログ等では「横×縦」の大きさで記載されており、一般的に解像度が高いほど、表示できる情報量が多く画面が繊細で見やすくなります。

繊細さ 解像度(※ワイド画面の場合は異なります。)
繊細さ UXGA 1600×1200
SXGA 1280×1024
XGA 1024×768
SVGA 800×600
VGA 640×480

映写するデータが細かい文字や表などがある場合は、解像度の高いプロジェクターをおすすめいたします。

解像度の高いおすすめプロジェクター

ページトップへ

携帯性(大きさ・重さ)

特定の場所でしか使用しないのであれば気にする必要はありませんが、お得意先やイベント会場等に持ち込んで使用する場合は、「大きさ」・「重さ」などの携帯性について考えなくてはなりません。 モバイル プロジェクター

携帯性に重点を置いたプロジェクターの中には本体重量565g、外形寸法140×102×57mm(幅×奥行き×高さ)の手のひらサイズのプロジェクターも発売されております。

お得意先等に持ち運んで使用するのであれば、携帯性の優れたモバイルプロジェクターをおすすめいたします。

携帯性に優れたおすすめプロジェクター

ページトップへ

便利な機能

パソコンレス(パソコンいらず♪)
USBメモリ

「パソコンいらず♪」とはUSBメモリ、USB対応のハードディスクをプロジェクター本体にパソコンを使わず直接接続し映写できることをいいます。
また、デジタルカメラと直接USB接続することも可能で、撮影した画像をそのままプロジェクターに映写することができます。
MPEG2の動画再生にも対応しております。

パソコンがなくてもプロジェクターに映像を映写できる優れた機能ですので、ぜひ活用してみてください。

パソコンフリー

※USB対応のハードディスクを使用する場合、電源不足により動作しない場合があります。必ずACアダプタ付のハードディスクをご使用ください。

再生可能ファイル形式一覧

拡張子 映写可能なファイルサイズとファイル形式
.bmp 解像度が1024×768以下のもの。
.gif 解像度が1024×768以下のもの。
.jpg バージョンを問いません。

※ただし、以下のものは映写できません。
CMYKカラーモード形式
プログレッシブ形式
EMP-1815/1715/1705については、解像度 8192×6144を越えるもの。

.png 解像度が1024×768以下のもの。
.mpg MPEG2
再生できる音声形式は、MPEG1レイヤー2です。

※ただし、リニアPCMAC-3は再生できません。

機能の詳細については、メーカーホームページをご覧ください。

パソコンレス(パソコンいらず♪)機能を搭載したおすすめプロジェクター

プロジェクター・DVD再生・スピーカー一体型(誰でも簡単映写♪)

プロジェクターの大半は、パソコンやDVDプレーヤー等と接続しないとDVD等の映像を映写することはできません。
「プロジェクター・DVD再生・スピーカー一体型(DVD一体型)」のプロジェクターは、パソコンやDVDプレーヤー等と接続する必要がなく、電源ケーブルをつなぐだけで誰でも「簡単」、「手軽」にDVD等の映像を映写することができる優れものです。

DVD一体型 プロジェクター

プロジェクター・DVD再生・スピーカー一体型のおすすめプロジェクター

ページトップへ

ホームプロジェクターとオフィスプロジェクター

ホームプロジェクター
ホームプロジェクターは、暗い部屋で動きの早い映画などを映写することを前提に作られています。このため、明るさを犠牲にして元の色を忠実に再現するように作られています。

ホームプロジェクター一覧はこちら

オフィスプロジェクター
ホームプロジェクターとは逆に、動きの早いものを映写することは考えず、明るさを重視して作られております。

オフィスプロジェクター一覧はこちら

プロジェクターを使ってどのような映像を映写するかによりお選びください。

ホームプロジェクターとオフィスプロジェクター
ページトップへ