デジタルカメラ (デジカメ)のレンタル

、プロジェクター、ビデオカメラ、交換 レンズも充実。映像機器のレンタルカメラショップのレンタルステーション!
初めてのお客様へ:簡単ナビゲーターはこちら

デジタルカメラの選び方

便利で気軽に楽しめるデジタルカメラ。日常生活のふとした瞬間や記念日、旅行の場面など大切な思い出はきれいに撮影したいものです。
しかし、店頭ではいろんな種類のものが発売されており、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。

大切な思い出を写すためにもカメラ選びは重要ですので、以下の内容を参考にしてみて下さい。

 
 
目次
 
 

一眼レフカメラとコンパクトカメラの違い

デジタルカメラにはデジタル一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラがあります。

デジタル一眼レフカメラの特徴は、

 1.ファインダーで見たまま写る(パララックスがない)
 2.シャッター速度や絞りが自由に変えられる
 3.レンズの交換やファインダーを取り付けたりすることができる

ですので自分のイメージに近い写真を写すことがより可能となります。
レンズへのこだわりや本格的に撮影してみたい場合は、デジタル一眼レフカメラをおすすめいたします。
お手軽な入門機からチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

パララックスとは「見える範囲と写る範囲のズレ」、つまり「視差」のことです。
コンパクトデジタルカメラの場合、カメラを小さく軽く設計するために、ファインダーは撮影レンズと別々になっているので、自分の目で見たイメージと写真を写したイメージに違いがでますので、撮影後に液晶モニタで確認したほうがよいでしょう。
 
 
ビギナーにおすすめ(入門機) キヤノン EOS Kiss Digital X(レンズセット)

キヤノン EOS Kiss Digital X
(レンズセット)

ニコン D80(レンズセット)

ニコン D80
レンズセット)

ソニー DSLR-α100(レンズセット)

ソニー DSLR-α100
(レンズセット)

 
 

コンパクトデジタルカメラもあなどれない!

普通に写真が撮れればいいという方は、コンパクトデジタルカメラの方が扱いやすいと思います。しかも最近は画素数も1000万画素を超える商品も出ていて、かつマニュアル操作が可能となっていますので、機能をうまく使いこなせば、デジタル一眼レフカメラに負けない写真を撮影することができるでしょう。

ページトップへ

記録メディアの種類

記録メディア SDカード xDカード メモリースティック CFカード
形(イメージ) SDカード xDカード メモリースティック CFカード
特徴 SDカードは小さくて一番使われているメディアです。デジタル一眼レフカメラだけでなく携帯電話の記録メディアとしても多く採用されています。 xDカードはCFカードに代わる記録メディアとして期待されたが採用するメーカーはほとんどありません。 メモリーステイックはソニー専用となります。他メーカーでこのメディアを使っているところはありません。 CFカードはデジタル一眼レフカメラで使用されるケースが多い。だが最近では、デジタル一眼レフカメラでもSDカードを記録メディアとして採用し始めています。
対応カメラメーカー
  • パナソニック
  • キヤノン
  • ニコン
  • ペンタックス
  • リコー
  • カシオ
  • コニカミノルタ
  • サンヨー
  • 富士フイルム
  • オリンパス
  • ソニー
  • キヤノン
  • ニコン
  • ソニー
  • その他
価格

当店ではデジタルカメラのレンタル商品に256MB、デジタル一眼レフカメラのレンタル商品には256MBのSDカードを標準装備しております。

当店ではデジタルカメラのレンタル商品に256MBのxDカードを標準装備しております。

当店ではデジタルカメラにレンタル商品に256MBのメモリースティックを標準装備しております。

当店ではデジタル一眼レフカメラのレンタル商品に256MBのCFカードを標準装備しております。

ページトップへ

手ぶれ補正機能

撮影時に手ぶれを起こすとどうしても映像もブレてしまいます。手ぶれ補正機能とは、自動的に補正し、ブレのない映像を撮影できるようにする機能のことを言います。

手ぶれ補正

手ぶれ補正の方法はいくつかありますが、代表的なものとして光学式手ぶれ補正と呼ばれるものがあります。これはブレとは逆の方向へレンズやCCDを動かすことで実現していて、かなりの効果を発揮します。
特に高倍率ズームレンズを搭載している機種の場合、望遠側で少しでも手ぶれを起こすと撮影した映像は見れたものではなくなってしまうため、常に三脚を使うのでなければぜひ欲しい機能の一つと言えます。
また、暗いところや夜景の撮影にも威力を発揮します。

こういったことから、遠くのものを撮影する場合や夜景・花火の撮影には欠かせない機能と言えるでしょう。

手ぶれ補正機能を搭載した、おすすめデジタル一眼レフカメラ

手ぶれ補正機能を搭載した、おすすめコンパクトデジタルカメラ

 
  ちょっとひと息
  • ほとんどのデジタル一眼レフカメラは、本体に手ぶれ補正機能を搭載した機種はなく、手ぶれ補正機能の搭載した交換レンズを使用しているのが実情です。
  • 交換レンズに手ぶれ補正機能を搭載することにより、現在持っているデジタル一眼レフカメラでも手ぶれ補正機能を活用できるようなります。
  • 交換レンズの商品名にキヤノンであれば「is」、ニコンであれば「VR」と入っているものが、手ぶれ補正機能を搭載している交換レンズです。
 
 
ページトップへ

キレイに撮るために知っておくこと

画素数と画質

デジタルカメラを選ぶときの重要なポイントの一つとして「画素数」があります。ここでの注意点として、「画素数=画質」ではないということです。
ちょっと難しくなるのですが、画素は画像の解像度を決める部分であって、画質そのものを大きく左右するものではありません。
デジタルカメラの一般的な構造は、レンズを通してきた光をCCDCMOSで受け取ります。そのCCDやCMOSの細かさが解像度に影響し、その大きさが画質に影響してきます。
もっとも、CCDやCMOSは画質を決定するうえでのひとつの要素にすぎません。また、レンズや記録時の方式(JPEGRAW等)などもかかわり、「CCDやCMOSの大きさだけ」、「画素数の多さだけ」を見て評価しては駄目なのです。
各メーカーは、画素数が少なくてもCCDやCMOSの大きさで、逆にCCDやCMOSが多少小さくても画素数でカバーしたりして、また最新の先端技術を駆使して画質が悪くならないように製品開発をしています。

 
  ポイント!

(1)有効画素数

有効画素数が大きいほど撮影できる画像サイズが大きく、細部まで描写できます。
印刷をする時にサイズがA4以下でかつトリミングもしなければ、画素数は300万画素あれば十分です。また、ホームページに掲載する画像であれば、200万画素もあれば十分でしょう。

通常、普通サイズのL版プリントをした場合、133万画素以上で撮影した画像なら、それ以上画素数が大きい画像と比べても見た目では区別がつかないことが多いと思います。

(2) CCDCMOSサイズ

コンパクトデジタルカメラであれば、「1/1.8型~1/2.7型」が一般的で、デジタル一眼レフカメラであれば「4/3(Four Thirds規格)やそれより大きなAPSサイズや35mm filmサイズ」となります。
また、同じ画素数なら大きいほど画質面で有利となります。

 
 
ISO感度 (暗いところで撮影するときはISO感度を調節できるものを選ぼう)

暗い場所での撮影写真の撮影で重要なのは、何と言っても光の明るさです。
暗いところで撮影するときはISO感度を調節できるものを選ぶほうがよいでしょう。

暗い場所での撮影では、ISO感度とシャッタースピードは重要な要素を持ち、ISO感度は通常100~800程度の数値に設定してある機種が多くあります。
最近のデジタル一眼レフカメラでは、100~3200まで設定できる機種もあります。
そのISO感度の数値が大きいほど暗い場所での撮影に対応できます。また、その数値が高いほどシャッタースピードが速くなり手ぶれしにくくなります。

しかし、ISO感度を上げすぎると逆にノイズが多くなり、画面がザラついてしまうので、撮影する場所にあったISO感度を調節することが必要です。

ISO感度を切り替えられる機種の場合ですが、
(1) 100から200に切り替えるとシャッタースピードは2倍になります。
(2) 200から400に切り替えるとシャッタースピードは4倍になります。
(3) 400から800に切り替えるとシャッタースピードは8倍になります。
(4) 800から1600に切り替えるとシャッタースピードは16倍になります。

デジタルカメラで撮影した写真を現像してみると、暗い部分はより暗くなってしまうので、ISO感度を調節せずに撮影すると暗闇写真となってしまうわけです。
よって、自分が撮影する場所や環境をよく考えてISO感度を調節できる機種も検討してみましょう。

F値について

F値とはレンズの絞りの単位、レンズの明るさ、光の量を表した値です。F値の絞りを調節する事により、レンズを通す光の量を調節できます。数値を小さくするほど光の量が増えます。

F値が小さいほど解像力が高くなり速い動きに対応できます。暗い場所での撮影能力も高まります。
逆にF値の数字を大きくすると光の量が減り、暗くなります。

F値はレンズの解像力とも関係しています。
その為、デジタルカメラの機種のF値の調節がどのくらいできるかをチェックして自分にあった機種を選ぶのも良いでしょう。

デジタル一眼レフカメラであれば、レンズの交換もできますので、交換レンズを使っていろいろ試してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ

フィット感

フィット感カメラを構えたときに手にフィットするかどうか、意外と重要なことです。
特に、カメラボディーとレンズのマッチングには、注意が必要になってきます。
近くのものを撮影するマクロ系や、遠いものを撮影する望遠系などのレンズは、三脚などの補助具の使用が必須となりますから、あまり関係ないかもしれませんが、日常的に撮影する場合は、ほとんどが手持ちだということを忘れないでください。できるだけ手に取って試してはいかがでしょうか。
購入を考えている方は、当店のレンタルを利用していただいて、実際に色々な機種で試し撮りするのも、失敗しないコツの一つといえるでしょう。
(販売店では自分の思い通りの写真撮影はできませんからね)

ページトップへ

撮影シーンで選ぶには

スナップショット

液晶モニタデジタルカメラの最大のメリットはフィルム代や現像代がかからないこと。
また、液晶モニタ付きのデジタルカメラであれば撮った写真をすぐに見ることができます。

いつも持ち歩いて使うなら、小型軽量のコンパクトデジタルカメラがいいでしょう。画素数は200万画素くらいあれば充分満足いくものが撮影できます。光学2~3倍程度のズームレンズならば撮影の幅がさらに広がります。液晶モニタがあれば、撮った写真をその場で見てみんなで楽しむことができます。

スナップショットで楽しまれる程度であれば、スタイルやデザインで選ばれても問題ないでしょう。

動く被写体を撮りたい

動きの早い被写体動きのあるものを撮影するときは、連続撮影機能を使って複数の写真を撮影しその中からよいものを選ぶ、というのも撮影の失敗を防ぐ方法の一つです。

また、シャッタースピードを高速にして撮影する方法もあります。
例えば、野球のボールなどを撮影するときのシャッタースピードは1/500秒、虫の羽根の動きを撮影するときのシャッタースピードは1/1000秒位で撮影しないと鮮明に撮影できません。
さらに光量不足を補うためISO感度を簡単に調節できる高感度デジタルカメラを使うと便利です。

デジタルカメラ本体にスポーツモード等と呼ばれる撮影モードがありその機能を使えば、動きの早いものでなければ難しい設定をしなくても十分撮影ができます。

動く被写体を撮るときには、連続撮影機能が搭載されたものやISO感度の調節できるもの、さらにはスポーツモード等と呼ばれる機能が搭載されたデジタルカメラをおすすめいたします。

 
  ポイント!

スポーツモードとは

動きのある写真(運動会)スピード感のある被写体を撮影するのに適したスポーツモードでは、一般的に速いシャッタースピードが選択されるようになっています。これによって長い焦点距離での撮影において手ぶれを防ぎ、被写体ブレも少なくなるようになっています。
スポーツなどの動きのあるシーンの撮影はもちろん、お子様の運動会の撮影でも活用したいモードと言えます。

 
 
旅行などの思い出を撮りたい

旅行時に携帯する重要なポイントは「コンパクト軽量」・「電源長持ち」・「手ぶれ補正機能」などです。

コンパクト・軽量
旅行中のシャッターチャンスは突然やってきます。シャッターチャンスを逃さないために、デジタルカメラはすぐにシャッターをきれる状態で持ち歩く必要があります。それにはコンパクト・軽量なデジタルカメラが適しています。
電源の長持ち
いざ撮ろうと思ったときに電池がなくては話になりません。予備バッテリーを常に携帯しておくことが肝心です。
手ぶれ補正機能
旅行中、三脚が使えない場所でシャッターチャンスが訪れることがあります。こんなシーンでは手ぶれ補正機能搭載のデジタルカメラが役立ちます。

※詳細は「手ぶれ補正機能」を参照してください。

ホームページ用の写真を撮りたい

接写写真(花)ホームページに写真を載せるためにはデジタル画像が必要となります。
どのような写真をホームページに掲載するかにもよりますが、基本的にはどんなデジタルカメラでも特に問題はありません。

しかし、鮮明でサイズが大きい写真を貼りつけると、ページが重くなって開きにくくなるので注意が必要です。

商品などの解説ページの中で使用したいのなら、その対象を撮影しやすいように、マクロ機能やズーム機能を重視してもいいでしょう。

ページトップへ

撮影時や撮影後に

遠くの被写体や狭い室内などで撮影するために (光学ズームや望遠レンズ・広角レンズの活用)
遠くの被写体を撮影する

遠くの被写体を撮影する機会が多い方は「光学ズーム」の倍率が高い機種ををおすすめいたします。

ズーム機能には「光学ズーム」と「デジタルズーム」があり、 「光学ズーム」はレンズと撮像素子との焦点距離を変化させて映像を大きく捉える方式をいい、「デジタルズーム」は、撮像素子で捉えた映像を機械の内部で拡大処理をする方式をいいますので、「光学ズーム」のほうがきれいに撮影できるからです。

高倍率のおすすめコンパクトデジタルカメラ

望遠レンズ遠くの被写体をより大きく撮影したい方は、デジタル一眼レフカメラのメリットでもある交換レンズに望遠レンズを使用し、撮影されることをことをおすすめいたします。

望遠レンズを使用することにより、コンパクトデジタルカメラより高倍率で撮影することができ、大きくかつきれいに撮影することができるからです。

望遠レンズのレンタルはこちら

狭い室内などで撮影する

コンパクトデジタルカメラで集合写真や狭い部屋での撮影時に全員画面に入りきらない。そんな経験をされたことありませんか?

広角レンズ広い範囲で撮影する機会が多い方は、デジタル一眼レフカメラで、交換レンズに広角レンズを使用し、撮影することをおすすめいたします。
広角レンズを使用することにより、コンパクトデジタルカメラより広範囲に撮影することができるからです。

広角レンズのレンタルはこちら

交換レンズにはいろんな種類のものがあります。撮影シーンに合わせて使うことにより、撮影がさらに楽しくなることでしょう。

交換レンズの種類により焦点距離が違います。
そこで、焦点距離による写真の写り方を一覧にまとめてみました。

交換レンズ 焦点距離比較

安定した撮影をするために

手ぶれ防止のための三脚安定した撮影を行うためにも三脚はそろえておくと便利です。特に手ぶれが発生しやすい暗い場所での撮影や商品撮影などには必須です。

PCへの保存が簡単 (USBカードリーダーはすぐれものです!)

USBカードリーダー撮影した画像はPCに簡単に取り込み保存したいものです。一般的にデジタルカメラから画像を取り込む場合は、ソフトのインストールなど面倒なことが必要になる場合が多いです。

USBカードリーダーを使えばソフトのインストールが必要なくPCの苦手な方でも簡単に大切な画像を取り込めますのでオプションでレンタルをおすすめいたします。

ページトップへ

借りる前の最終チェック

バッテリーの「持ち」時間について

予備バッテリー付属のバッテリーは、一般的には約1時間くらい、状況によっては約30分程度しか撮影できません。時間を気にせず長時間撮影したい場合は「大容量バッテリー」を別途レンタルすることをおすすめいたします。

記録メディアの準備はできてますか?

記録メディアは保存する画素数・記録メディア・サイズに依存する場合がありますが、一般的には下記の表の通りとなりますので参考にし予備の記録メディアを準備しましょう。

SDカード静止画記録枚数

画素数 サイズ 128MB 256MB 512MB  1GB   2GB 
300万画素(2048×1536) 1.2MB 約106枚 約213枚 約426枚 約852枚 約1,704枚
400万画素(2304×1728) 2.0MB 約64枚 約128枚 約256枚 約512枚 約1,024枚
500万画素(2560×1920) 2.5MB 約51枚 約102枚 約204枚 約408枚 約816枚
600万画素(2816×2112) 3.2MB 約40枚 約80枚 約160枚 約320枚 約640枚
700万画素(3072×2304) 3.7MB 約36枚 約73枚 約146枚 約292枚 約585枚
800万画素(3264×2448) 3.9MB 約32枚 約64枚 約128枚 約256枚 約512枚
1000万画素(3888×2592) 4.5MB 約25枚 約51枚 約102枚 約205枚 約410枚
  • 撮影枚数はおよその目安です。撮影環境や被写体などの条件で、前後いたします。また、他のデータが保存されている場合は撮影できる枚数は少なくなります。
  • サイズ:デジタルカメラの高解像度(ファインモード)JPEGモードを使用した場合の平均ファイルサイズを示します。
ページトップへ